フォアハンドストローク スピン量の調整の仕方【窪田テニス教室】 - 硬式テニス 打ち方動画上達法


フォアハンドストローク スピン量の調整の仕方【窪田テニス教室】

フォアハンドストローク スピン量の調整の仕方【窪田テニス教室】



壁打ちの動画で落としたボールを打ちましたが、違いが分かりにくいかもしれません。スピン量の少ないほうのスイングでボールを打つとき、打点が前に(壁よりに)なりすぎたせいです。この壁打ちの場所はかなり傾斜しているので、落としたボールが壁側に流れます。これを忘れていました。
関連記事

スポンサーリンク

tennis.jpgtennis2.jpg

コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 硬式テニス 打ち方動画上達法 All Rights Reserved.